スマートフォンの歴史や日本における文化の発展について探る!

■これからのスマホ

今や、スマートフォンの機能はこれ以上ないほど進化しており、現在の形で完成されているとまで言われています。そこで、注目されているのがスマートフォンを構成する材質です。現在使われてる材質が最先端のものになれば、スマートフォンはますます使いやすく便利なものになると推測されます。

例えば、ディスプレイを作る部品は、銀とアルミニウムで作られた非常に柔らかい素材が適用されています。こちらはなんと7ナノメートルの薄さで空気に触れることによる変色への耐性も持っています。スマートフォンの画面は割れやすいと言われることも多く、このような素材が使われることで、より割れにくい画面を作り出すことが出来るでしょう。

しかし、さらに驚くべきは自己修復を行うディスプレイが開発されるかもしれないということです。ポリエーテルチオ尿素という自己修復能力を持つ新種のポリマーを使えば、たとえひび割れが生まれても断面を押し付ければ元通りになると言うのです。

スマートフォンは、これから先も進化していくことが予想されます。中でも、ディスプレイの素材は割れにくかったり、割れたとしても修復する機能を持つものが生まれるかもしれません。画面が割れるというのが、過去の話になる日も近いでしょう。