スマートフォンの歴史や日本における文化の発展について探る!

■スマートフォンとは

現在、普及率を伸ばしているスマートフォン。若者の間ではスマートフォンを使った娯楽や文化が台頭しており、その勢いはテレビやラジオなどのメディアやエンターテイメントを押しのけるほどの勢いです。しかし、このような成長を見せるスマートフォンには一体どのような歴史があるのでしょうか。また、日本と世界におけるその役割の違いには、どのようなものがあるのでしょうか。詳しく調べてみました。

まず、スマートフォンの元祖はビジネス用のハイエンド端末です。スマートと言う語源はここから来ています。日本の携帯文化は最初からインターネットを観ることが出来るように進化していったため、スマートフォンの普及は世界に比べて遅れます。また、スマホという略語も世界では通じません。気を付けましょう。

iPodのヒットで知名度を挙げたApple社が開発したiPhoneの登場によって、スマートフォンは一般層にまで普及しました。今でもフィーチャーフォンを使うユーザーはいますが、これから先はスマートフォンがじわじわとその普及率を伸ばしていくことが予想されます。さらに、素材も高性能なものが多く存在するため、これから先もどんどん進化していくことでしょう。

スマートフォンさえあれば娯楽に困ることがないとさえ言われる現代。新入社員の中ではパソコンを触ったことがなく、ディスプレイを指でなぞるという若者も居るようです。そのくらい爆発的な普及を見せたスマートフォンについて、共に知っていきましょう。


スマートフォン関連のプチ情報★参考リンク
スマートフォンといえばiPhoneが大人気ですが、長く使っているとバッテリーの減りの早さに悩まされている人も多いでしょう。快適にiPhoneを使うためにも、1年半を目安にバッテリー交換するのが良いと言われています ⇒ iPhone バッテリー 交換